いわき市講演会㊷:

  また、「いじめ」について具体的に分からなくても、お子さんが学校に行き渋ったり、行くのが辛そうであれば、長年不登校の相談に関わってきた経験から、かなりの割合で背景に「いじめ」がある場合が多いですから、「いじめがあるかもしれない」と考えて、予防的に休ませることも考えた方が良いと思います。
 そして学校に対しては、「いじめがあるかどうかはまだ分かりませんが、学校に行くのが辛そうなのでしばらく休ませます。仮にいじめがあったとすれば、うちの子が行かなくなると、別の子がターゲットにされる恐れがありますので、クラスの様子には十分ご注意ください」とお伝えいただきたいのです。
  レジメには北海道新聞の記事のコピーを載せていますが、この「主婦Bさん」が長女です。必死の思い出取材に応じたのだそうですが、この記事が過去のものではなく、今またこのような形で紹介しなければならないことが残念でたまりません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR