多様な教育機会法の今国会での成立を期す要請文③

3.個別学習計画の作成にあたりましては、子どもの意思やニーズが最も尊重され、その子の個性や意欲を伸ばすため、多様性と柔軟性を持った支援としておこなわれること、ひとりひとりの子が安心と信頼を持って、学習計画作成に参加できるようになることを期待しています。したがって個別学習計画を審査する教育支援委員会には、多様な学びのあり方を理解し、支援できる人材の配置をお願いいたします。

4.学習支援に際して、家庭訪問が定期的に行われる案になっています。確かに虐待などの発見にも必要でありますが、過去の経緯から、子どもや保護者が恐怖感や拒否感を持っている場合には、その他の方法も考えながら幅を持って行われるようにしていただきたいと考えます。

5.経済的支援は、今日重要であり、子どもの貧困問題はフリースクールでも直面しており、四苦八苦しつつ、子どもを支えてきました。一人ひとりの子どもが安心して学んでいけるように、学校教育と格差なく行われる支援が望ましいと考えます。ぜひ、具体的な財政措置がなされるよう切望いたします。

最後になりますが、この法律がひとりひとりの子どもの学ぶ権利を国が保障する形で起案されていることに強く賛同するとともに、これを真に実のあるものにするためには、福祉、その他様々な社会機関、親の会などとも連携し、それぞれの保護者が安心して子どもの学び・育ちにかかわっていけるよう進めていただきた
く思います。私たちはこの法律の早期成立を強く望んでおります。議員の皆さん
のご尽力をよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR