いわき市講演会㊽:終着駅は始発駅

 それと、「諺や言い伝えに学ぶ子育て・教育」ということでレジメにいくつか載せていますが、皆さんお馴染みのものばかりです。
「 急がば回れ」「 急いては事を仕損ずる」「待てば海路の日和あり」は、待つことの大切さを教えていますし、「馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない」というのは、時間の関係で省略しましたが、バイステックの原則6「自己決定の尊重」を見事に言い表しています。
「地獄への道は善意で敷き詰められている」は、親の思い込みや先回り、援助者側の独りよがりな関わりを厳しく戒めています。諺や言い伝えは、先人の経験と知恵が詰まっていますので、いま一度これをしっかりかみしめたいと思います。
 そして、最後に不登校やひきこもりの応援歌を紹介させてください。私は函館西高の出身で、その大先輩であります北島三郎の『終着駅は始発駅』という歌で、大ヒット曲ではありませんが、昭和52年の第25回紅白歌合戦でも歌っていますので、私は代表曲の一つだと思っています。
 その三番の『函館止まりの連絡船は 青森行きの船になる。希望を捨てるな 生きてるかぎり。どこからだって出直せる。終着駅は始発駅』という歌詞です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR