「居場所づくり」大町市方式のご紹介

 7月4日~5日、「不登校・ひきこもり 講演会・相談会」で長野県大町市にお邪魔しました。講演会65名、相談会5名、家族会7名、支援者意見交換会18名と、主催者の予想を大きく超える参加者でした。私自身も、たくさんの方々と交流できてとても大きな学びの場になり、関係者の皆さまに心から感謝しています。
 これは、大町市が「子ども・若者社会参加促進事業」として、不登校やひきこもりの人たちの居場所づくりを進める一環として開催したもので、7月24日には大町市長が事業内容について記者発表を行いました。
 この事業は、児童デイサービスや障害者の生活・就労支援等を実施している市内3か所のNPO法人に、居場所の開設を委託して実施するもので、事業費は1,196,760円(長野県地域元気づくり支援金助成額426,000円)です。
 受託団体は既存の施設とスタッフを活用して事業を行いますので、このような予算で実施できるわけですが、全国には類似の予算を設けている地方公共団体もたくさんあると思いますので、子ども・若者支援に関わる部局が、大町市のようにやる気を出して工夫をこらせば、このような事業を行なうことは可能だと思います。
 そのためにも、悩んでいる、困っている家族・当事者が声を出していくことが大切だと思いますし、大町市のような取り組みが全国に広がっていくことを願っています。この事業紹介のパンフレットデータをご希望の方は添付ファイルでお送りしますのでご一報ください。また、この事業に関するお問合せは大町市子育て支援課へ ☎0261-22-0420(内線681・757)
メール:kosodateshienka@city.omachi.nagano.jp


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR