道南ひきこもり家族交流会「あさがお」例会の報告

 しばらく例会報告をしていませんdしたので、まず「あさがお」例会の様子をお伝えします。 
 3月8日の例会も22名(当事者・家族16名、サポーター6名)と多数の方が参加され、「精神疾患が気になる」方のグループと「それ以外」のグループでじっくり話し合ったほか、発達障害についての個別相談も実施しました。4月12日は総会を兼ねた例会で24名(当事者・家族18名、サポーター6名)が参加、全体での話し合いで悩みや情報を共有し合いました。
 3月・4月例会には、大変お忙しい中、顧問の精神科医・三上昭廣先生(函館渡辺病院理事長)も参加され、参加者からの悩みや質問について、たくさんの示唆に富むコメントをいただきましたので、それらの主旨を一部ご紹介します。
*原因追究が先に立つと本人を責めることになりがちで親子関係は改善しない。ひきこもるのは、今 の本人にとってはそれが必  要な段階なのだとまず受け入れ、本人が安心感を持てるような関わりに努め ることが大切で、そこから親子関係の改善が始   まっていく。
*家族関係が不安定で、本人が安らげないと、外に出ていく力も溜まっていかない。なので、本人が 居間で「ゴロゴロできる」よう  な<あずましい>環境になれば、とても良いと思う。
*ひきこもりの背景に「うつ病」などが隠されていることもあり、そんな場合に焦って働きかけては病状が悪 化する。また、急に本  人が元気になっていろいろ動き出したりすると、周りは改善したと喜びがちだ が、「躁転」により躁状態になっている場合もある  ので、かえって注意が必要である。
*いずれにしても、ひきこもりから抜けていくのは、薄皮をはぐような過程が必要であり時間がかか るので、家族の気持の安定   と、家族自身が元気でいることが大切である。その意味でも、このよう  な会でいろいろ話し合ったり、親自身が趣味などの楽  しい時間を持つことで、家庭の外の風にふれ、 心地良い外気を家の中にいれることも大事だと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR