感謝の気持ちは素直に言葉にしたい:「あさがお」例会より④

【感謝の気持ちは素直に言葉にしたい】
 皆さんのお話の最初に語られる言葉として、「以前と何も変わっていない。まったく変化がない。」をよく耳にします。たとえば、「まったく変化がなく昼夜逆転状態です。」といった感じですが、よく伺っていくと少し早く起きるようになったり、家事を手伝ったりする様子が語られていきます。
大きな変化と受け取れるそれらの動きについて「何か声をかけていますか?」と伺いましたが、「別に何も言わない。」との答えが返ってきました。それは気づいていないからというよりは余計なことを言うことで気分を悪くするのではないかという戸惑いや気遣いからの迷いのようでした。タイミングが難しいというのです。
 この難しさについても当事者の方から意見が寄せられました。その方のご経験では、ひきこもっているときにはとても大きな罪悪感があって、親は怒っているのではないか?という気がして、家事くらいはしないとまずいか・・・と思って慣れないご飯づくりなどをしたそうです。
その時にお母さんが仕事から帰ってきて、「助かる!」と言われた時は、ホッとするのと同時にやりがいを感じたそうです。何も言われないと怒っているのかと心配するので、どうか「ありがとう」の一言でもいいから声をかけてもらいたいとのことでした。
 親は子どもがどう感じるかが見えずに、動けないこともあるけれど、嬉しいことやありがたいことは素直に言葉に出していく方が相手にストレートに届くのかもしれません。うそを言っているのでも、お世辞を言うのでもないのですから、心に感じた感謝は言葉に出したほうが良いようですね。本当のことなので、責められることではないと思われます。
 皆さんのお話の最初に語られる言葉として、「以前と何も変わっていない。まったく変化がない。」をよく耳にします。たとえば、「まったく変化がなく昼夜逆転状態です。」といった感じですが、よく伺っていくと少し早く起きるようになったり、家事を手伝ったりする様子が語られていきます。
 大きな変化と受け取れるそれらの動きについて「何か声をかけていますか?」と伺いましたが、「別に何も言わない。」との答えが返ってきました。それは気づいていないからというよりは余計なことを言うことで気分を悪くするのではないかという戸惑いや気遣いからの迷いのようでした。タイミングが難しいというのです。
 この難しさについても当事者の方から意見が寄せられました。その方のご経験では、ひきこもっているときにはとても大きな罪悪感があって、親は怒っているのではないか?という気がして、家事くらいはしないとまずいか・・・と思って慣れないご飯づくりなどをしたそうです。
 その時にお母さんが仕事から帰ってきて、「助かる!」と言われた時は、ホッとするのと同時にやりがいを感じたそうです。何も言われないと怒っているのかと心配するので、どうか「ありがとう」の一言でもいいから声をかけてもらいたいとのことでした。
 親は子どもがどう感じるかが見えずに、動けないこともあるけれど、嬉しいことやありがたいことは素直に言葉に出していく方が相手にストレートに届くのかもしれません。
 うそを言っているのでも、お世辞を言うのでもないのですから、心に感じた感謝は言葉に出したほうが良いようですね。本当のことなので、責められることではないと思われます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR