不登校理解についての「学校間・教師間」格差をなんとかしないと…

 12月6日は「昴の会」~不登校をともに考える会の本年最終例会で11名が参加、こちらの会にも毎回初参加の方がおいでになり、不登校をめぐって悩むご家族は全然減ってことをいない実感します。
 そして、学校との対応で疲弊する体験が必ず語られます。不登校の理解と対応に関する鵜「学校間・教師間ん」格差があまりに大きく、無理解な学校・教師にあたった場合の被害は甚大です。しかし、まだごく一部ですが、学校・教師から積極的に「親の会」やフリースクール等に連携を求めるケースもあり、その場合はご家族もとても良い状態になります。
 根本的には「学校復帰」を第一とする教育成策が変わらないと解決しないでしょうから、学校以外の学びを公的に認め、支援する
教育制度への転換を改めて切望する年の瀬です。本年最後の「アカシヤ会」のお知らせです。
【登校拒否と教育を考える函館アカシヤ会 例会】
 12月20日(日)午後1時30分~4時、函館市総合福祉センターあいよる4階会議室(若松町33-6)。不登校の子どもを持つ家族や過去に経験のある家族、教師、支援者らが集まり、悩みや子どもとの関わり方などについて話し合う。資料代200円。(連絡先:野村?090-6261-6984)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR