精神保健サポーター養成講座のお知らせ

  私も理事を務めています函館地方精神保健協会主催の「第22回精神疾患と障害の理解~精神保健サポーター養成講座」が
10月4日(水)から函館市総合保健センターで開催されます(全5回)。とても有意義な講座ですので、案内チラシをご希望の方は添付ファイルでお送りしますのでご一報ください。
・第1回10月4日(水)「統合失調症を理解する」     18時~20時 函館市総合保健センター
・第2回10月11日(水)「精神神経科のお薬について」 同上
・第3回10月16(月)~20日(金)「医療機関・施設等の見学・実習」
・第4回10月25日(水)「地域の中で暮らす:グループワーク」 18時~20時 函館市総合保健センター
・第5回11月11日(土)14時~16時 この会の海上は函館市中央図書館視聴覚ホールです。
     講演会「中高年のうつ病の知見と予防法~認知症との相違点」 三國雅彦医師(函館渡辺病院名誉院長)

ウワサの保護者会スペシャル再放送のお知らせ

  過日ご紹介しました、8月26日放送のEテレ「ウワサの保護者会スペシャル:不登校~保護者ができることは?」が好評につき、10日(日)午前1:10~2:04(9日深夜)再放送されます。
  「不登校は大切な時間だった」という体験者のお話、保護者の皆さんの具体的な悩みや体験談もとても説得力があります。
教育機会確保法や昨年9月の文科省通知「不登校児童生徒の支援のあり方について」も分りやすく説明され、「これがもっと早くあったら、子どもをあんなに追い詰めなかったかもしない」という保護者のお話は、この法律と通知の持つ意味、役割を端的に伝えるもので、が胸にせまります。

*登校拒否と教育を考える函館アカシヤ会 http://akashiyakai.phpapps:jp/
*道南ひきこもり家族交流会「あさがお」 http://asagao.phpapps:jp/
『カナナリアたちの警鐘~不登校・ひきこもり・いじめ・体罰ヘはどにように対処したらよいか』
文芸社セレクション・文庫版、700円+税 書店注文または送料著者負担により送付可


子どもの自殺防止にさらに注意喚起を!

 9月1日、子どもの自殺が突出して多いこの時期、マスコミも「無理に学校に行かず休もう」と呼びかるようになりました。今朝のNHKニュースでも不登校で自殺を考えた女性の体験とメッセージが放送されました。
 昨日のNHKの「あさイチ」でも特集し、「学校は命を削ってまで行く必要はない」という川崎のフリースペースえん・西野代表のメッセージをはじめ、番組全体が、まずは学校を休むことが大事であることを明確に伝えていました。
  8月26日放送の「ウワサの保護者会スペシャル」でも、不登校は大切な時間だった」という体験者のお話、とても心に響きました。学校に戻った方、戻らずに自分の道を切り開いた方、双方のルポがあったのも良かったです。保護者の皆さんの具体的な体験談やコメントも、とても説得力がありました。
  教育機会確保法や昨年9月の文科省通知「不登校児童生徒の支援のあり方について」の意義も分りやすく伝られ、「これがもっと早く出ていたら、子どもをあんなに追い詰めなかったかもしれない」という保護者のお話に深く共感しました。
  今年年の「登校拒否を考える夏の全国大会」でも確保法と文科省通知を生かす取り組みが強調されましたが、この間の報道を見てもその大切さをあらためて実感しています。
  なお、「ウワサの保護者会」スペシャルは、好評につき、10日(日)午前1:10~2:04(9日深夜)されますので、是非ご覧ください。

9月の不登校・ひきこもり関連行事

2017年9月の不登校・ひきこもり関連行事のご案内

◆「ふぉろーず」勉強会 <1月・5月を除く毎月第1日曜日に開催>
 □思春期以降に自閉症スペクトラム障害(高機能自閉症・アスペルガー障害・その他の広汎性発達障 )の診断を受けた方及び    その可能性のある方の家族による勉強会
 □日時:9月3日(日)13時30分~15時30分
 □函館市総合福祉センター「あいよる」3階第2会議室(若松町33-6)
 □参加費:無料    □連絡先:野村(090-6261-6984)

◆ひきこもり当事者の集い「樹陽のたより」例会 <毎月第2日曜日に開催>
 □日時:9月10日(日)11時~13時、函館市総合保健センター2階第2健康指導室階(五稜郭町23-1)
 □参加費:無料    □連絡先:野村(090-6261-6984)

◆道南ひきこもり家族交流会「あさがお」例会 <毎月第2日曜日に開催>
 □日時:9月10日(日)14時~16時 
 □場所:函館市総合保健センター2階会議室(五稜郭町23-1) □資料代:200円(会員は無料)
 □連絡先:野村(090-6261-6984)  

◆登校拒否と教育を考える函館アカシヤ会 <毎月第3日曜日に開催>
□日時:9月17日(日)13時30分~16時  
□場所:函館市総合福祉センター「あいよる」4階会議室(若松町33-6)
□資料代:200円(会員は無料)     □連絡先:野村(090-6261-6984)  

◆「昴の会」~不登校をともに考える会
 □日時:9月24日(日)14時~16時 (希望者に16時から社会福祉士との個別相談も可)  
 □場所:北斗市七重浜住民センター「れいんぼ~」3階研修室(いさりび鉄道七重浜駅に隣接)
 □資料代:300円(会員は無料)     □連絡先:内藤(090-4879-4142)   

◆函館圏フリースクール すまいる http://hakodate-smile.jimdo.com/
 □「フリースペース」(小中高校年代の子どもの居場所)、「学習支援」(メンタルフレンド、基礎学習、総合学習、高卒認定取得     等、学年・年齢を問わず一人ひとりのニーズに応じて対応、訪問も可)、 「すまいる笑会」(概ね16~35歳の若者のフリース   ペース)、「保護者サロン」(スタッフと保護者同士の交流・相談)を実施、詳しくはすまいる事務所(月~木曜10時~15時、函館   市富岡町2-19-5、 ☎070-4156-3195)へお問い合わせください。
 □代表:庄司メール akashi.shoji@gmail.com  相談担当:野村(090-6261-6984)
※夏休み明けに子どもの自殺が急増します! 学校以外にも子どもが安心して過ごせる場所が必要です。9月中、すまいるのフ   リースペースを無料開放します!

◆ふりーすぺーすヨリドコロ (函館市の委託を受けて実施しており、利用対象は函館市民)
 わかもの(18~39歳)の自由な空間で無料、毎週水・金の13時~15時、函館市元町14-1・北海道 国際交流センター(HIF)で 開設しています。お問合せ:?0138-22-0770HIF・ヨリドコロ担当者

Eテレで不登校関連番組が続きます

 先日、「ウワサの保護者会スペシャル」のお知らせをしましたが、Eテレでは不登校関連の番組を続けて放送しますので、ご紹介します。不登校へに理解が広がり、夏休み明けkども自殺が起きないことを心ら願っています。
☆8/29(火)PM8:00~ NHK・Eテレ
  ハートネットTV「行けなかった学校を撮る~木造校舎カメラマン角皆尚宏」
☆8/30(水)PM8:00~ NHK・Eテレ
  ハートネットTV「不登校新聞・自分と向き合う」
☆8/31(木)PM8:00~ NHK・Eテレ
  生きるためのテレビ「#8月31日の夜にー第一部」
  PM10:00~生きるためのテレビ「#8月31日の夜にー第2部」

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR